モバイルSuica

よくあるご質問

東日本旅客鉄道株式会社

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3647
  • 公開日時 : 2022/03/18 00:00
  • 更新日時 : 2022/04/20 15:54
  • 印刷

2022年3月16日に発生した福島県沖地震に伴う定期券の払いもどしの手続きはどのように行えばよいか

回答

3月16日(水)23時34分頃、福島県沖を震源とした最大震度6強を観測する地震が発生し、東北地方を中心に広い範囲で、 在来線や東北新幹線に運転見合わせが発生いたしました。
 
これに伴い、有効期間内に5日以上連続して終日運行不能となった区間を含む定期券をお持ちのお客さまに関しては、下記のとおり払いもどしの取扱いを行います。
 
【払いもどしの対象となる定期券】
福島県沖地震に伴い有効期間内に5日以上連続して終日運行不能となった区間を含む定期券、新幹線定期券「フレックス」・「フレックスパル」をお持ちのお客さま
 
 
【払いもどしの取扱いについて】
対象となる定期券をお持ちのお客さまは、以下①または②により払いもどしの対応を行います。
※ 本取り扱いは、2023年3月16日までにご申告いただいた場合に行います。
 
① 福島県沖地震による運休により、当該定期券を今後使用せず払いもどしを希望される場合
  使用最終日から前途の有効期間に対して日割りで払いもどしを行います。下記リンクのフォームより必要事項を入力し申請を行ってください。弊社で内容確認後、登録のメールアドレス宛てにご案内しますので、アプリで払いもどし操作を行ってください。
 
 
 フォームご入力時の注意点
◆お問合せの対象→→→「定期券」を選択。
◆不具合・トラブルが発生した場合:発生日→→→実際の使用最終日「2022MMDD(MM月DD日)」を入力してください。
◆お問合せ内容→→→「地震前途払いもどし」を入力してください。
 
 
② 福島県沖地震による運休により、運行不能日数分の払いもどしを希望される場合
 ・運転再開日以降、ご申請ください。
 ・払いもどし対象日数に日割り額を乗じた金額をご希望の銀行口座に払いもどしを行います。
 ・運転再開日以降、下記リンクのフォームより必要事項を入力し申請を行ってください。弊社で内容確認後、登録のメールアドレス宛てに払いもどし手続きについてご案内します。
※ 払いもどし手続きを行う前に、現在お持ちの定期券について継続購入されないようご注意ください。
 
↓②での払いもどしをご希望される場合は運転再開日以降、かつ同じSuicaで定期券を購入される前にご申請ください。
 
 フォームご入力時の注意点
◆お問合せの対象→→→「定期券」を選択。
◆不具合・トラブルが発生した場合:発生日→→→運転再開前の使用最終日2022MMDD(MM月DD日)」を入力してください。
◆お問合せ内容→→→地震運休日数分払いもどし
          使用できなかった期間:「2022MMDD(MM月DD日)~2022MMDD(MM月DD日)」と入力してください。
 
※ なお、モバイルSuica定期券に関しては、不通期間に対する有効期間延長の取り扱いは行いません。
 
 
【福島県沖地震に伴う最新の列車の運行情報等について】
随時、弊社ホームページにてご案内を行います。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください